1学期終業式 7月20日

本日、1学期終業式を行いました。

まず、1学期の「輝きさん」(グットマナー)1年 渡邉夏々さん、中嶋孝太さん、2年 川上優良さん、3年  川部真緒さんを表彰しました。

次に、各学年代表1年 大森彩華さん、2年 横井海音さん、3年 川部真緒さんが、1学期の反省を述べてくれました。

校長講話では、有馬敲(たかし)さんの詩を読んだあと、「背美(せみ)」の話をしました(※学校だより7月20日号をお読みください)。そして、今日見つけた本校生徒の素晴らしいところ(輝きさんと1年生を待つ上級生の姿など)について話し、最後は生徒会長の中之庄春雅さんに「人権スローガン」に込めた「願い」を語ってもらいました。

明日からのブロック大会やコンクールなどでの全力プレーに期待しています。応援よろしくお願いします。

無事に1学期を終えることができました。ありがとうございました。

斉藤智孝先生  性教育の授業

本日19日、助産師の斉藤智孝先生を講師にお招きして、「自分らしく力いっぱい生きる」をテーマに各学年で学びました。

それぞれの学年、発達段階に応じた内容を、願いを込めて熱く語っていただきました。

「生きる力があるいのちだけが生まれてくる。生きて産まれてこれたことはすごいこと。」

いのちの時間を大切に使っていきたいと思います。斉藤先生ありがとうございました。

最高に不思議なもの いのち それが今ここにある  東井義雄

結団式(体育大会に向けて)7月18日

本日4校時、9月8日(土)の体育大会に向けた団の取り組み「結団式」が行われました。

赤団3A2A1B『紅炎 コウエン』 体育館にて

黄団3B2B1A『雷牙 ライガ』 武道場にて

3年生のリーダーを中心に、各団での取り組みが始まりました。熱い戦いが繰り広げられます。保護者の皆さんのご支援をよろしくお願いします。

21日・22日のブロック大会と吹奏楽コンクールの会場等をお知らせします。

21日(土)

剣道(木之本中学校 午前;団体戦、午後;個人戦)

       男子団体Aリーグvs湖西、河南、高月  女子団体Bリーグvs湖西、高月

柔道(伊香高校 10:30~個人戦)

女子バレー(虎姫中学校 Dリーグ第1試合、第3試合)

女子ソフトテニス(高月中学校 団体戦Bリーグvs湖北、西浅井)

男子ソフトテニス(長浜市民庭球場 団体戦Bリーグvs浅井、びわ、杉野)

22日(日)

男子ソフトテニス(長浜市民庭球場 個人戦)

女子ソフトテニス(高月中学校 個人戦)

女子バレーボール(虎姫中学校 虎姫体育館 決勝トーナメント)

25日(水)

県吹奏楽コンクール地区予選(ひこね市文化プラザ 11:30 本校演奏予定)

こちらも、あたたかい応援をよろしくお願いします。

読み聞かせ 7月18日

本日は2年生で、本の読み聞かせをしていただきました。

ライオンと子犬

パン一つ買えない日本

暑い中でのお話、ありがとうございました。終了後、次の予定に向かわれました。お忙しい中、時間を作っていただいています。1学期は今日が最終ですが、2学期もよろしくお願いします。

夏休み、何冊の本と出会えるでしょうか。

夏季総体壮行会 7月13日

本日午後、生徒会主催の「夏季総体壮行会」が開かれました。

各部の意気込み、先生方からの応援メッセージです。

感謝に勝る能力なし。ファイト!

人権学習(3年生社会科授業) 7月12日

3年生では鄭想根(ちょんさんぐん:滋賀朝鮮初級学校校長)さんをゲストにお迎えして、在日外国人の人権について学習しました。厳しい歴史の話も聞きましたが、ハングル講座も開いていただきました。

アニョンハセヨ、カムサハムニダ

鄭さんのメッセージから

「ぜひ自分の目で、自分の心で、判断していただきたい。・・・知らないと、無知だと、偏見を呼び、差別します。・・・君たちの時代には、共に認め合った関係、肩を組んでスクラム組んで、お互いに生きやすい社会を創ってほしいと願っています。」

本日は貴重なお話と熱いメッセージ、ありがとうございました。カムサハムニダ。

「東北の震災を考える」授業 2年生

本日(7月11日)、2年生では2人のゲスト、佐藤勝十志さん(東日本大震災 元滋賀県内避難者の会・世話人代表・福島県相馬市出身)、浅田かず子さん(長浜市社会福祉協議会ボランティアコーディネーター)をお迎えして社会科の授業を行いました。福島県で被災された佐藤さんと、震災後すぐに現地へボランティアに向かわれた浅田さんから、貴重な体験や災害に対する思いを伺いました。また質問に詳しく答えていただきました。ありがとうございました。

佐藤さんのメッセージから

「ここ滋賀県でも地震、竜巻、豪雨という災害が起きました。滋賀は災害が少ないという意識は捨ててください。家の防災対策・減災対策はどうですか(水・非常食・懐中電灯・避難先・落ち合う方法など)。自分の身は自分で守る。自分の家族を守ることが第一です。」

クリックすると大きくなります。

浅田さんのメッセージから

「福祉とは、『普段の暮らしの幸せ』です。あたりまえでなく有り難いなあ(トイレと食事、お風呂等)。普段の生活、あたりまえに感謝してほしい。」「他人事と考えずに自分だったら何ができるか、考えられる人になってほしい。」

【写真のトラックは、3年間この状態で手つかず(放置されたまま)でした。】

クリックしてください。

木之本中図書館の「東日本大震災特集コーナー」です。

 

読み聞かせ 7月11日

本日は1年生で、本の読み聞かせをしていただきました。

『あめふりうります』

「ねこの手もかりたい」のことわざは、ねこきちがはじまりだったのでしょうか。

今日も楽しいお話をありがとうございました。

救命救急教室・AED講習(3年生)

昨日と今日(10日)、3年生ではクラスごとに「救命救急教室」を開いていただきました。長浜消防署から消防士さんに来ていただき、心肺蘇生(人工呼吸と胸骨圧迫)とAEDからなる「一次救命措置」について実習しました。

AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。

胸骨圧迫=心臓マッサージには相当な力が必要だと実感したはずです。30回続けて2回の人工呼吸、それを5セットしなさいと言われても体はへとへとになります。それを1日に約10万回も続けてくれる・・・。 心臓が止まらないのが不思議です。
およそ10万回。(1分間の脈拍数:70回)✕60分✕24時間で計算しています。今こうしている間も、心臓は血液を体中に送り続けています。体重60キロの成人男子が1日に送り出す血液の量は、なんと8000リットル!(1回につき80ミリリットルを10万回!)500ccのペットボトルなら1万6千本分になります。想像もつきません。とんでもないことです。今までで何回になるのでしょうか?

いのちについて考える機会ともなりました。消防署のみなさん、ありがとうございました。

おはなし会「すずめの学校」

本日、1・2年生にお話しいただいた「すずめの学校」さんと、初めてご縁をいただいたのは2005年3月でした。宮腰悦子さん(故人)にお願いをして、中学生に話していただいたのが始まりでした。

本日は、3名の方から話していただきました。

『たのきゅう(素話)』『いっぽんあしから・・・よんほんあしへのおはなし(絵ばなし)』『白雪姫(パネルシアター)』「イワシの開き(ダンス?)」『どろぼう学校(3D紙芝居?)』・・・どろぼう学校の生徒に、危うく交番を盗まれるところでしたが・・・、無事に戻って一安心。

「いっぽんあし・・・」のお話は、トルストイの原作を加古里子(かこさとし)さんが絵本にされて、悦子さんが紙芝居にされました。初めて聞いた時の衝撃とラストの種明かしを思い出し、とても懐かしく、うれしくなりました。加古里子さんについては、稲舘さんが本校図書館前にコーナーを設けてくださっています。

「すずめの学校」のみなさん、ありがとうございました。