いのち 6月17日

職員室前に掲示している、熊河智恵さんの書作品です。

小海永二(こかいえいじ)さんの「いのち」という詩(の一部)が見事に書かれています。全編を紹介します。

花です
虫です
からだです

鳥です
草です
こころです

それらはみんないのちです

いのちは
どれも
ひとつです

いのちのふるさと
地球もひとつ

風が吹き
雲の流れる地球のうえに
要らないものなどありません

互いに支えているんです
見えない手を出し 声を出し
互いに支えているんです

どれもひとつで
どれにもひとつ
全部が大事ないのちです

地球のうえで互いに支えているいのち。どれもひとつで、どれにもひとつ。全部が大事ないのちです。このことを心に刻んで、共に生きていきましょう。 言葉の力にハッとさせられます。

本日の給食メニューは、たけのこごはん・牛乳・さんまのかば焼き・いちごケーキでした。

いちごケーキには、入学・進級をお祝いする気持ちが込められていました。ありがとうございます。ごちそうさまでした。

笑顔・立腰・ありがとう