読み聞かせ 1月29日

今朝は2年生に読んでいただきました。

A組「輝く未来を生きるために」

全国中学生人権作文コンテスト 文部科学大臣賞 受賞作品

B組「小谷落城秘話」『奥びわ湖物語』より

本日もありがとうございました。

月刊誌『致知』2019年12月号の対談記事(一部)を紹介します。

佐々木 選手たちに、なぜ本を読まなければならないのかという話もするんですが、本というのはその道の一流の人が苦労して築き上げてきたことを、たった千五百円くらいで学べます。決して会えないような一流の人に、本を通じて触れ合うことができるわけですよ。こんなに簡単で見返りの多い自己投資は他にないと思うんです。

平岡 僕も、本を読むことは大事だと思います。ですから子供たちには、空き時間に積極的に図書館へ行かせるんです。尊敬する人というのがいまはあまり聞かれませんよね。だけどそういうひとが自分と異なる分野にいたっていいし、その出会いの場所が本だと思うんです。

佐々木洋氏(花巻東高・野球部監督)と平岡和徳氏(熊本県宇城市教育長・大津高・サッカー部総監督)との対談記事より抜粋

笑顔・立腰・ありがとう