「中日新聞」9月10日記事より

先日紹介した「賤岳」の皆さんによる奉仕作業の様子が『中日新聞』に掲載されました。

元PTA会長らの会 シート張りなどに汗 木之本中

 長浜市木之本中学校のPTA会長経験者でつくるボランティアグループ「賤岳(せんがく)」(八田万蔵会長)が8日、同中テニスコートの周辺に防草シートを張り、古いサッカーゴールを撤去する活動に取り組んだ。
会員15人と教員が参加。二手に分かれ、テニスコート周辺ではコートと側溝の間にシートを張り、固定する金具を打ち付けて土砂をかぶせた。グラウンドでは金属製の古いゴールを解体する作業に汗を流した。
賤岳は1994年度に結成。学校の要望を踏まえ、これまでも部室の部屋のペンキ塗りや自転車庫の支柱の修理、撤去などに取り組んできた。幹事の赤井靖さんは「生徒が学びやすく、安全な環境づくりに協力していきたい」と話した。(9月10日 18面記事より)

いつもありがとうございます。

今日(11日)は、午前中に活動しました。

「スポーツには世界を変える力がある。人を奮い立たせる力がある。人々を結びつける力がある」

南アフリカ初の黒人大統領、故ネルソン・マンデラ氏の言葉

笑顔・立腰・ありがとう