緑の輸血 5月7日

時代の架け橋となった10連休も終わり、風薫る5月となりました。

五月  
   宮崎 丈二

五月が
僕の胸のうちへ
青葉を重ねる
その茂みの中で
僕の心は
息を深めている

俳人の長谷川櫂さんは「春には『風光る』という季語があるが、この視覚的な季語が立夏を境にして『風薫る』という嗅覚的な季語に変わる」(「週刊日本の歳時記5」小学館)と記しています。風薫る五月です。大きく息を吸いこみましょう。「緑の輸血」を行って、生き生きとリフレッシュしていきましょう。