「ドは読書のド♪」 4月23日

「ドは読書のド♪」とは、今日から始まる「こどもの読書週間」の標語です。

子どもたちにもっと本を、子どもたちにもっと本を読む場所をとの願いから、「こどもの読書週間」は1959年(昭和34年)に誕生しました。もともとは、5月5日の「こどもの日」を中心とした2週間(5月1日~14日)でしたが、子どもの読書への関心の高まりを受けて、「子ども読書年」である2000年より現在の4月23日(世界本の日・子ども読書の日)~5月12日に期間を延長しました。開始当時より、図書館・書店・学校を中心に、子どもたちに本を手渡すさまざまな行事が行われてきました。
幼少のときから書物に親しみ、読書の喜びや楽しみを知り、ものごとを正しく判断する力をつけておくことが、子どもたちにとってどんなに大切なことか……。子どもに読書を勧めるだけでなく、子どもの成長にどれほど読書が大切かを大人が考える期間、それが「こどもの読書週間」です。(読書推進運動協議会HPより)

ゴールデンウィーク10連休を前に、学校図書館(図書館)を訪れましょう。ドレミのドは、読書のドです。たくさんの本に出会ってください。